羽アリとシロアリ(ヤマトシロアリ)

160a.jpg160.jpg


昨年伊丹市の木造家屋で撮影した、ヤマトシロアリの羽アリとシロアリです。
床下調査時に、大量の羽アリが短時間に噴出すように出てきました。


シロアリの羽アリは左写真のように黒っぽく見えます。
木を食害するシロアリ自体は右写真のように白っぽく見えます。



ヤマトシロアリの空中蟻道 京都市

完璧な空中蟻道空中蟻道は根太まで到達


京都市南区のシロアリ駆除現場で撮影した、ヤマトシロアリが作った完璧な空中蟻道です。


土壌から積上げ床板の高さまで作成し、写真のように根太材を食害中でした。
食物である材木まで到達していない未完成の空中蟻道は、私たちは日常茶飯に見ています。


しかしこの家の様に100パーセント完成したものは、過去に何例しか見ることはありませんでした。



木材腐朽菌(腐れ)とカビとシロアリ

木材腐朽菌によってボロボロの束柱根太材に発生したカビ


シロアリ調査で床下に入ると色々な被害を見かけますが、今回は腐朽菌、カビ、シロアリについてお話したいと思います。
左写真は腐朽菌によってボロボロになった束柱です。
右写真は床板を支えている根太材に発生したカビです。
シロアリの被害写真ここに多数アップしています。



シロアリ調査でよく見る廃材 京都市西京区

蟻道がある廃材廃材の下に生息するシロアリ


床下に入ってシロアリ調査を行う時、廃材(建築時、リフォーム時に排出されたままの木)をよく見ます。


写真は京都市西京区の築28年の家屋で撮影しました。
多くの廃材の中で、ミミズの様に土がついているものがチラホラ確認できました。


その土は蟻道と呼ばれるもので、そこにはシロアリが現在生息しているか、過去にいたかどちらかです。



外部の羽アリ発生と駆除処理 吹田市

建物外部に大量発生した羽アリ犬走りのシロアリ駆除処理


建物外部(犬走り)から大量の羽アリが発生し駆除処理を行いました。
大阪府吹田市の築40年の住宅ですが、今回はじめての現象でした。
建物の床下を調査しましたが、シロアリの生息、被害は一切ありません。
お施主様は高齢で子供もこの家に住まないし、近々解体の考えもあるということで、この場所だけのシロアリ駆除となりました。



羽アリ大量発生 東大阪市

大量発生した羽アリ羽アリとシロアリ


鉄筋コンクリート造一階のバーからヤマトシロアリの羽アリが大量発生しました。


一般的にヤマトシロアリの羽アリは昼間に発生することが多いです。


しかしここはお客様が満員の夜の10時ごろから約2時間ほど出続けた様です。営業どころで無く、お客様にはお帰り頂いたのでした。


なぜ夜間に出たのでしょう。



ヤマトシロアリ 羽アリ発生の瞬間 西宮市

羽アリ発生の瞬間


ヤマトシロアリの羽アリ発生の瞬間です。
兵庫県西宮市築28年住宅の壁隙間からまさに出ようとしていました。


前日100匹以上別の場所から出て、調査にお伺いしてちょうど撮影できました。
ものの30分程度で一斉に出ようとするので、私たちもシーズ時10回見れたら良いほうです。


ヤマトシロアリの羽アリは近畿地方では4月中ごろから5月後半までの間に発生します。



廃材とシロアリ 寝屋川市

110a.jpg110.jpg


大阪府寝屋川市の木造住宅床下から排出した廃材とシロアリ被害写真です。


調査時から廃材の多さは判っていましたが、六畳和室だけでこの量です。
案の定多くの材木にシロアリ食害が見られ、そこだけでは収まらず土台まで被害が及んでいました。


シロアリ駆除は科学的に薬剤処理をするだけではありません。
物理的に発生要因を排除することも大切です。




被害を探しながらのシロアリ駆除 高槻市

102a.jpg102.jpg


大阪府高槻市でシロアリ被害を探しながら駆除を行いました。


余りにも広範囲に被害が拡大していることは調査で確認していました。
多すぎる為、一本一本の木材を慎重に確認しながらのシロアリ駆除作業でした。


幸いアップした写真箇所が一番大きな被害で、大規模修復は必要ありませんでした。



シロアリと断熱材 三木市

98higai.jpg98happou.jpg


兵庫県三木市の築10年木造家屋の断熱材と材木のシロアリ被害です。


近年の家屋は高気密、高断熱仕様になっています。
その為、壁内や床下に大量の断熱材を使用しています。


シロアリが断熱材の中で特に発泡スチロールを好んで食べるのはご存知でしょか。


左写真の床下材木の間に、右写真の発泡スチロールが挟み込まれていました。



ヤマトシロアリと被害 芦屋市

92yamato.jpg92higai.jpg


兵庫県芦屋市で撮影したヤマトシロアリとその被害です。


日本に20種程度のシロアリが生息していますが、イエシロアリと上記で90%以上を占めます。


その中でもヤマトシロアリはほぼ日本全国に生息しており、何処でも見つけることが可能です。


その為それに被害を受ける家屋は正式の数はわからないほど多く、シロアリ駆除件数も比例して大変多いです。


詳しくはシロアリの種類、生態、写真をご覧ください。



シロアリが好む床下 豊中市

83haizai.jpg83tuuki.jpg

大阪府豊中市で床下調査時に撮影しました。
この家の床下はシロアリが好む条件を見事に満たしていました。


左写真には大きな材木が放置されていて、食料を与えているようなものです。
右写真では作った通気口に、わざわざ砂を詰めて塞いでしまっています。
その為、床下の風の流れを極端に悪くし、湿気が増大しています。



雨漏によるシロアリ被害と駆除 八尾市

78gidou1.jpg78higai2.jpg


大阪府八尾市で撮影した太い蟻道と梁の被害です。


ここまで被害になったのは屋根の雨漏れが原因でした。
蟻道の太さの割りに床下の食害が少なく、雨漏れの症状がみられたので、工務店に壁をめくってもらいました。


案の定、柱から写真の様に梁にまで食害を確認し駆除処理を行いました。



羽アリ発生後のシロアリ駆除 東大阪市

73dannnetsi.jpg73dannnetsi2.jpg


大阪府東大阪市のシロアリ駆除作業です。


洗面所に大量にヤマトシロアリの羽アリ(有翅虫)が発生し、シロアリ駆除を行いました。


今年初めて発生したようですが、床下の被害は進んでいました。
羽アリは毎年必ず出現するとは限りません。



基礎パッキン、ベタ基礎のシロアリ 堺市堺区 

72pakkin1.jpg72pakkin2.jpg


大阪府堺市堺区で撮影したベタ基礎、基礎パッキン構造に発生したヤマトシロアリです。


上記構造の家屋にはシロアリは発生しないと思われている方が多いです。
一般人のみならず、建築に携わっている方でもその様な方がおられます。


しかし現実にはシロアリはその様な構造も諸共せず活発に活動しています。



シロアリ被害と羽アリ 尼崎市

69higai.jpg69syori.jpg


兵庫県尼崎市で撮影したシロアリ被害と駆除作業です。
3年前に羽アリが大量に発生し、その後出なかった築27年の木造家屋です。


写真のように局部的ですが食害され、ドライバーがなんなく突き刺すことができます。
放置しておくと、この状態が床下全体に拡がりますので駆除処理を行いました。



羽アリ発生 大阪市阿倍野区

68gidou.jpg68hanaari.jpg


大阪市阿倍野区の木造家屋でヤマトシロアリの羽アリが大量発生しました。
築後22年で初めて風呂からの発生です。


床下調査を行うと蟻道が数箇所確認でき、土台にも軽微な被害があります。
1から2週間程度の猶予はありますが、早期のシロアリ駆除が必要です。



蟻道とシロアリ駆除 摂津市

65gidou.jpg65sennkou.jpg


大阪府摂津市で撮影した太い蟻道とシロアリ駆除作業です。


ヤマトシロアリの蟻道幅は通常5mmから1cmほどで、内部は上下2車線です。
ここは3cmほどあり、6車線で(上り3匹、下り3匹)活発な活動をしています。


この様な場合、駆除処理が先送りになれば、手遅れになるほど被害が進行します。



待ったなしのシロアリ駆除 池田市

61higai.jpg61yakuzai.jpg


大阪府池田市のシロアリ被害と駆除写真です。
大きな被害になっていますが、この程度なら大規模補修をしなくとも強度的には問題ありません。
しかし放置しておけば、確実に木の役目は果たせなくなりますので、待ったなしの状況でのシロアリ駆除でした。



羽アリ大量発生 神戸市灘区

59haari1.jpg59haari.jpg


今日は4月11日ですが、あと半月ほどでヤマトシロアリの羽アリが発生する時期になります。
掲載している写真は、昨年4月下旬に兵庫県神戸市の住宅で撮影しました。


左写真の様に真っ黒になるほどの大量発生でした。
あまりにも大量だったので、見慣れている私たちでも一瞬立ち止まりました。
床下調査後、被害と侵入経路を確認しシロアリ駆除処理を行いました。



旧家のシロアリ駆除 大阪狭山市

58gidou.jpg58sennkou.jpg


大阪府大阪狭山市に建つ旧家のシロアリ駆除です。


築年数は100年近く、大規模修復に伴い駆除作業を行いました。
今回は床下駆除写真ではなく、外面の写真です。



基礎外面のシロアリ蟻道 東大阪

50gaisyuu.jpg50waku.jpg


大阪府東大阪市で撮影した基礎外面に作られた蟻道です。


通常シロアリは床下の様な暗い場所を好んで生息しますので、多くは床下で発見されます。


たまに家の外面で見ることもありますが、細く製作途中のものがほとんどです。
ここは写真に写っているように太く、中にはシロアリが活発に行き来していました。



家と接した物置のシロアリ駆除 茨木市

44kabe.jpg


大阪府茨木市でのシロアリ駆除作業です。


駆除場所は家に接した木造物置です。
調査時は山のように荷物が積み上げられ、この場所は見ることができませんでした。
他の場所での被害が確認されていましたので、作業日前までの片づけを施主にお願いしていて、被害の発見となりました。


しかし被害がある場所が大変問題です。
この細い柱材が家屋の外壁に釘で止められ、接していることです。



蔵のシロアリ駆除 川辺郡猪名川町

kura.jpg


兵庫県川辺郡猪名川町にある蔵のシロアリ駆除です。
築百年以上経過していて、約20年前に大規模補修をした蔵です。


建設初期からの古材にも食害はありましたが、過去のもので被害程度も軽いものでした。
土台や大引け柱の多くは昔のままですが、それ以外は新材木になっていて、特にそれらにシロアリ食害が進行していました。


幸い写真のように太い柱、大引け材木のおかげで一般の家では大変な被害でも、この蔵にとっては軽微なものでした。



畳を食べるイエシロアリ 神戸市垂水区

ieshiro1.jpg


兵庫県神戸市垂水区で撮影しました。
畳を食べているイエシロアリです。


畳の上に敷いていた絨毯をめくって住民はビックリ。
隠れていた一面が真っ白に見えるほど、シロアリで埋め尽くされていたそうです。


調査にお伺いした日、応急処置でその箇所のシロアリ駆除を行いました。
そこは床下がない土間構造で、コンクリートの上に直接畳を敷いていました。



シロアリはなぜ木を食べる? 枚方市

先日の枚方市の年輪とシロアリ被害の続きで、写真はありません。


今日はシロアリはなぜ木を食べるかという話です。


はじめに木材はセルロース、ヘミセルロース及びリグニンの3つの化合物から成り立っています。


特にセルロースは木材の細胞壁の主要構成成分であり、木材の強度はこれによって保たれています。
シロアリの主食はそのセルロースです。



蟻道の中のシロアリ 伊丹市

yamato2.jpg


兵庫県伊丹市築18年の住宅で撮影しました。
蟻道の中を活発に行き来するヤマトシロアリです。


以前にも書きましたが、シロアリの家は土壌、材木は職場、蟻道は通勤道と思ってください。
活発に行き来するということは、職場である土台、大引け等の材木に多くのシロアリが通勤しているということです。


調査してみると蟻道の先の土台は補強の必要はありませんが、かなりの被害になっていました。
シロアリの生息年数と活動数に比例して被害が大きくなります。



シロアリの家は何処 堺市美原区

higai4.jpghigai5.jpg


先日の大阪府堺市美原区のシロアリ駆除現場の続きです。


床下に水道、下水パイプを支える為、土中に材木を埋め込んでいる箇所が多数ありました。
当然すべての材木に蟻道と、被害が確認されました。(写真左)


その上繋がっている根太(床板を支える木)までスカスカの状態でした。(写真右)


ヤマトシロアリの家(普段の住処)はどこだと思われますか。木の中でしょうか。



ヤマトシロアリの副女王 京都市下京区

yamtofuku.jpg


京都市下京区築20年家屋でのシロアリ駆除時に見つけました。


写真はすべてヤマトシロアリですが、上から兵隊アリ、職きアリ、一番下が副女王です。
この家の被害は凄まじく、和室の床板、畳まで食害し、床下は蟻道だらけで壮絶なシロアリ駆除作業でした。


普通は蟻道の中には働きアリが多く見つかるのですが、9割以上が兵隊アリという太いものを見つけました。



ヤマトシロアリ 神戸市西区

2yamato1.jpg2dai.jpg


ヤマトシロアリの働きアリです。
兵庫県神戸市西区の築後40年のお宅の調査時に撮影し、その後シロアリ駆除処理を行いました。
風呂場の基礎に蟻道を確認し、少し潰して見るとシロアリが行列をなして進行していました。
右写真は働きアリの拡大写真です。




白アリ 白蟻 白あり しろあり等色々な書かれ方をしますが、固有名詞以外シロアリに統一しています。

兵庫県.大阪府.京都府.奈良県のシロアリ駆除・シロアリ予防・害虫駆除対策なら当社へお任せ下さい。

ダイヤル0120-717-648   無料床下調査お申し込み