悪徳床下工事 大阪市東淀川区

悪徳床下工事効果のない基礎補強


大阪市東淀川区のお宅でシロアリ調査時に撮影した、悪徳業者による床下工事です。
床下換気扇、床下調湿剤、床下補強材、基礎補強材のオンパレードです。


それぞれは必要な場所に必要な量を使えば、効果のある商品です。
この家で問題なのは、必要も無いのに、工事金額アップの理由で大量数が使われていたことでした。



寺のシロアリ調査 篠山市

畳のシロアリ被害シロアリ蟻道


兵庫県篠山市のある寺で見つかったシロアリ被害です。
檀家様が住職様とお話しをしている時、畳の縁が食べられており、土がもった状態を見つけられました。


その方は何度かその現象を経験していて、それはシロアリの仕業だと知ってられました。
当社のお付き合いのある地元の工務店に相談され、本格的なシロアリ調査を行い、その後建物全面のシロアリ駆除処理を行いました。



シロアリ調査で見つけた蟻道 神戸市東灘区

シロアリ蟻道食害によって空洞化


神戸市東灘区で建築後30年経過した木造家屋のシロアリ調査で発見した蟻道(蟻土)です。
シロアリや被害の発見能力は、一般の方と私達とではどの程度違うのでしょうか。


一番発見しやすいのは大きな被害ですが、次はシロアリが作る蟻道を見つけることです。
蟻道は過去の日記の様に線状の形が多いですが、
左写真のような形状もあります。一般の方が見つけても別段異常とは感じないと思います。


しかし潰すと木材内部は食害されて空洞になっています。
この蟻道を見落とさない能力が、一般の方との差ではないでしょうか。



型枠材のシロアリ被害 大阪市住吉区

仮枠のシロアリ被害仮枠のシロアリ被害


大阪市住吉区で撮影した型枠材のシロアリ被害です。


土台を支える布基礎ではなく、玄関の上がり框周辺の為の型枠です。
幸い土台等には被害は無く、大規模なシロアリ駆除処理にならずに幸いでした。


家を建てる最初の工程は、コンクリート基礎を作る段階です。
コンクリートを流し込む為に型枠を作ります。



ヤマトシロアリの空中蟻道 京都市

完璧な空中蟻道空中蟻道は根太まで到達


京都市南区のシロアリ駆除現場で撮影した、ヤマトシロアリが作った完璧な空中蟻道です。


土壌から積上げ床板の高さまで作成し、写真のように根太材を食害中でした。
食物である材木まで到達していない未完成の空中蟻道は、私たちは日常茶飯に見ています。


しかしこの家の様に100パーセント完成したものは、過去に何例しか見ることはありませんでした。



基礎補強後に材木放置でシロアリ大量発生 三田市

基礎補強の為、仮枠作成仮枠材に大量のシロアリが発生


兵庫県三田市の基礎補強をした家屋の床下です。


補強後4年目にヤマトシロアリの羽アリが大量発生し、シロアリ駆除を行いました。
写真の様に建物隅にコンパネ材木で枠を作成し、コンクリートで強度を上げています。


問題は枠材を撤去せず放置したことにより、それにシロアリが発生した事でした。



木材腐朽菌(腐れ)とカビとシロアリ

木材腐朽菌によってボロボロの束柱根太材に発生したカビ


シロアリ調査で床下に入ると色々な被害を見かけますが、今回は腐朽菌、カビ、シロアリについてお話したいと思います。
左写真は腐朽菌によってボロボロになった束柱です。
右写真は床板を支えている根太材に発生したカビです。
シロアリの被害写真ここに多数アップしています。



シロアリ調査でよく見る防湿シート 大東市

防湿シートの上に砂を置いた床下防湿シートの下は高湿度状態


シロアリ調査時良く見かける、防湿シートの上に砂をかけている床下です。


大阪府大東市のお宅ですが、表面はサラサラした砂でとても清潔に見えます。
ただ基礎の近くに透明なシートがはみ出しています。
そのシートを捲ると下の土はこげ茶色で、高湿度状態でシートの裏には水滴がついています。



シロアリ被害を自分で発見するチェックポイント 

波打っている木の表面シロアリ被害で内部はスカスカ


奈良県香芝市にお住まいのご主人が見つけられたヤマトシロアリの被害です。
風呂扉枠木の塗装表面が波打っているのに気づかれました。(左写真)
指で軽く押してみると表面が皮一枚残っているだけで、内部はスカスカ状態です。
見える場所でこの状態です。床下調査の必要を感じ当社にシロアリ調査を依頼されました。



シロアリ調査でよく見る廃材 京都市西京区

蟻道がある廃材廃材の下に生息するシロアリ


床下に入ってシロアリ調査を行う時、廃材(建築時、リフォーム時に排出されたままの木)をよく見ます。


写真は京都市西京区の築28年の家屋で撮影しました。
多くの廃材の中で、ミミズの様に土がついているものがチラホラ確認できました。


その土は蟻道と呼ばれるもので、そこにはシロアリが現在生息しているか、過去にいたかどちらかです。



シロアリ調査と被害 神戸市東灘区

123a.jpg123.jpg


神戸市東灘区の現場です。
風呂タイルの隙間から羽アリが数百匹出てきたようです。
2年前風呂と洗面所のリフォームを行った時、被害はありませんでした。


シロアリ調査の為洗面所床下を見ると、新材木が多く見られましたが、土台は建築時のままでした。



羽アリ発生3年後のシロアリ被害 高槻市

122a.jpg122.jpg


大阪府高槻市で撮影したシロアリの被害です。


3年間毎年4月羽アリが発生していましたが、すぐに収まるので住民は余り気に留めなかったようです。


しかし廊下がグラグラしてきたのでシロアリ調査を依頼され、駆除処理に至りました。



シロアリ調査で見つけた廃材 神戸市中央区

119a.jpg119.jpg


神戸市中央区 シロアリ調査時に見つけた大量の廃材と廃材から空間に作り始めた空中蟻道です。
駆除作業の前に床下の大掃除が必要です。
近年建てられた住宅では余り見かけない光景ですが、30年ほど経過した家屋の床下ではよく見かけます。
ご飯(木材)がいくらでもあるので、シロアリを飼育しているようなものです。



マンションに発生した羽アリ 豊中市

113a.jpg113.jpg


昨年大阪府豊中市のマンションから発生した羽アリです。
シロアリの羽アリ発生は近畿地方では4月中旬から5月末まで良く見る現象です。
共有部分の廊下の継ぎ目から数え切れないほどの出現したようです。
3日後に調査にお伺いしましたが、写真のように大量の数が確認できました。



予想できたシロアリ被害 神戸市北区

111a.jpg111.jpg


兵庫県神戸市北区で撮影したシロアリ被害写真です。
このお宅は毎年5月にリビング窓枠から羽アリが三年続けて発生していました。
住民の方はおかしいとは思っていましたが、二三日で出なくなるので毎年忘れ去られていました。
奥様のご友人の方から紹介されて、シロアリ調査にお伺いしました。
床上調査から始めて、すぐに左写真の様に窓枠が食害されているのが確認できました。



ずさんなリフォーム 豊中市

107a.jpg107.jpg


大阪府豊中市の三年前にリフォームを行った住宅の床下です。
台所とリビングの旧フローリングを撤去し、根太組み後フローリング張りを行っています。
新築後25年経過し初めてのリフォームなので、家主様は床下総取替えを要望していました。
しかし現実は左写真の様に細い木で補強をしただけの、ずさんなリフォームでした。



見落としがちなシロアリ被害 東大阪市

106a.jpg106.jpg


大阪府東大阪市 築25年木造住宅での見落としがちなシロアリ被害写真です。
シロアリ対策を常に行っている人にとっては良く見る光景です。


一辺が4センチの材木の先端に土がついている様に見えます。これは蟻土と呼ばれるもので、これがあると必ず食害痕があります。


手で触ると右写真の様に食べられた材木が紙の様になっています。
幸い被害はここだけで、駆除処理と他の場所は予防処理を行いました。



ベタ基礎のシロアリ被害 大阪市住吉区

99.jpg99a.jpg


大阪市住吉区築20年木造家屋でシロアリ被害が見つかり駆除を行いました。

写真の様に床下は土むき出しではなくベタ基礎工法です。
コンクリートにヒビが無く強固な場合、凶暴なシロアリであっても床下に侵入することはありません。


しかし年数が経過すると収縮等によってコンクリートに隙間が開く場合があります。



シロアリ調査で発見した大きな被害 伊丹市

95higai.jpg95boroboro.jpg


兵庫県伊丹市の民家でシロアリ調査時に発見した大きな被害です。
築40年を越していますが、ここ以外にはシロアリ被害は全くありませんでした。


この場所は建物の中心部で押入の床下になります。
外部に面した部屋と違い、風通しが悪く湿気がこもり易い環境でした。



外部に作る蟻道 枚方市

90gidou.jpg90soto.jpg


大阪府枚方市の家屋で発見した、建物外部に作られたシロアリ蟻道です。


床板に穴が開いて白い虫が動いているというお電話をいただき、床下調査にお伺いしました。


築16年ベタ基礎構造の木造住宅ですが、床下では主だった被害は確認できませんでした。
この様なケースの場合、考えられる侵入ルートは建物外部からしかありません。



大改造で見つかったシロアリ被害 大山崎町

92mae.jpg91ato.jpg


京都府乙訓郡大山崎町で大改造時に見つかったシロアリ被害です。


シロアリは床下や壁の中の様に暗く、湿気が多い場所に通常生息します。
その為一般の方にとって上記の場所は普段見る機会が無く、被害を見つけることは出来ません。


住宅の改造時、床をめくった時よく被害が見つかります。




シロアリ調査で発見した水漏れ 尼崎市

89more.jpg89morea.jpg


兵庫県尼崎市の木造住宅で発見した水漏れです。
建築後18年経過していますが、外観はもっと築浅に見えました。


最近床下を見ていなかったので調査を依頼されました。
幸い被害は無く、シロアリ駆除処理も必要ありませんでした。



シロアリが好む床下 豊中市

83haizai.jpg83tuuki.jpg

大阪府豊中市で床下調査時に撮影しました。
この家の床下はシロアリが好む条件を見事に満たしていました。


左写真には大きな材木が放置されていて、食料を与えているようなものです。
右写真では作った通気口に、わざわざ砂を詰めて塞いでしまっています。
その為、床下の風の流れを極端に悪くし、湿気が増大しています。



シロアリ駆除時に床下補強 西宮市

81mae.jpg81ato.jpg


兵庫県西宮市築後30年住宅の床下です。
風呂より羽アリが発生し、シロアリ駆除処理を行いました。


幸い被害は大きくありませんでしたが、色々と床下で欠陥が見つかりました。


左の写真ですが、ぱっと見た目にはわかり難いですが、あるべき材木がありません。
その為、右写真の様にシロアリ駆除時に鋼製束で補強しました。



シロアリ調査と被害 宝塚市

79mae.jpg79ato.jpg


兵庫県宝塚市の木造家屋で調査時に撮影しました。
見た目はしっかりした床下材木ですが、注意深く調査をしていて発見したシロアリ被害です。


内部は右写真状態になっており、駆除処理とともに補強が必要です。
この様な現場は、床下を主の作業場にしている当社にとっては珍しくありません。



二階までのシロアリ被害 箕面市

74kabenaihigai2.jpg74kiso.jpg


大阪府箕面市で撮影した二階壁のシロアリ被害と基礎のひび割れに出来たシロアリ蟻道です。


建築会社から依頼でシロアリ調査を行いました。
大規模改修の為内壁を外してみると、西側の壁全てに二階までのシロアリ被害が見つかり、大工さんが床下に入って点検しましたが侵入経路がわかりませんでした。



床上を歩くシロアリ 川西市 

71siroari.jpg71gidou.jpg


兵庫県川西市で撮影した床上を歩くシロアリです。
シロアリが生息するのは床下だけではありません。
畳に穴が開いていると連絡を受け、上げると活発に歩き回っていました。



腐れとシロアリ被害 向日市

66higai1.jpg66higai2.jpg


京都府向日市のお宅での調査ですが、左写真の様に土台が黒ずんでいます。


調べてみると右写真の様に、腐れとシロアリによってポッカリ穴が開いています。
向こう側は風呂場で、長年の湿気によってこの被害を誘発しました。


この箇所は補強と防腐、駆除処理を行いました。



床下の忘れ物とシロアリ 門真市

64kariwaku1.jpg64kariwaku2.jpg


大阪府門真市で撮影した床下の忘れ物です。
基礎枠に使用したコンパネ材をはずし忘れ、そこにシロアリが生息しています。


その場所の床上から羽アリが大量に発生し、発見に至りました。
他の場所でも同様の症状が見つかり、駆除を行いました。



羽アリ発生でビフォーアフター 寝屋川市

62tuka.jpg62tukahoktyou.jpg


大阪府寝屋川市の床下ビフォーアフター写真です。


羽アリが大量発生したので床下調査の依頼をうけました。
幸いクロアリの羽アリでしたので、シロアリ駆除の必要はありませんが、他の重大な問題をみつけました。



このシロアリ被害は人災です 守口市

60higai.jpg60tuka.jpg


大阪府守口市で撮影したシロアリ被害です。


左写真のように壁中に食害と蟻道が確認され、駆除処理を行いました。
その場所の床下が右写真ですが、一見欠陥は無いように見えます。


しかし・・・



中古住宅売買時の床下調査 高槻市

56dodai.jpg56dodai2.jpg


大阪府高槻市の築35年住宅で撮影しました。


大手不動産会社から中古住宅売買時の床下調査を依頼されました。
結果写真のように被害が確認され、シロアリ駆除の必要性があります。



炭とシロアリ 平群町

55sumi.jpg55sumisiro.jpg


湿気対策の為に床下一面に炭を敷き詰めた、奈良県生駒郡平群町の木造家屋です。


床下調査を行うと、その炭の下に多数のシロアリが生息していました。
その為、炭を移動しながらのシロアリ駆除となりました。


日時:2011年4月 4日 21:31
続きを読む"炭とシロアリ 平群町"

風呂の漏水と木材腐朽 生駒市

52more.jpg52fukyuu.jpg


奈良県生駒市築後21年の木造住宅の床下調査写真です。
左は風呂側から洗面所床下に漏水している写真で、右はそれに起因よる木材腐朽(腐れ)です。
幸いシロアリの発生は無かったので、駆除処理の必要はありませんでした。



基礎外面のシロアリ蟻道 東大阪

50gaisyuu.jpg50waku.jpg


大阪府東大阪市で撮影した基礎外面に作られた蟻道です。


通常シロアリは床下の様な暗い場所を好んで生息しますので、多くは床下で発見されます。


たまに家の外面で見ることもありますが、細く製作途中のものがほとんどです。
ここは写真に写っているように太く、中にはシロアリが活発に行き来していました。



ベタ基礎のシロアリ蟻道 西宮市

43gidoua.jpg43gidoub.jpg


兵庫県西宮市で撮影したベタ基礎でのシロアリ蟻道です。


写真のようにシロアリ生息が確認された為、シロアリ駆除となりました。
最近の家はベタ基礎の床下がほとんどです。


布基礎と地面に接する底面が一体化されたコンクリート構造の為、普通はシロアリは侵入できません。



積み上げられた蟻道 松原市

39gidou1.jpg


大阪府松原市の床下調査で撮影しました。
積み上げられた蟻道です。


この様な場所が3ヶ所あり、土台にも軽微な被害が確認され、シロアリ駆除処理を行いました。


通常シロアリは土台等にたどり着く為に、コンクリート基礎に蟻道を作ります。
ここは空中に作った蟻道が10cmほどの長さでが倒れ、又同じように作っては倒れ、積み重なって作られたものです。



意味の無い耐震補強 尼崎市

taishinn.jpg


兵庫県尼崎市の床下調査時に撮影しました。
過剰に取付けられた耐震補強金物です。
それどころか、全く意味の無い場所に多くの金物が使われていました。


10年前にある業者にシロアリ駆除を依頼したようです。
駆除代金は7万円とその家の規模からすると破格の価格で、工事内容も私が見た限り充分なものではありませんでした。



床板のカビ 池田市

kabi1.jpg


大阪府池田市で撮影しました。
床板一面のカビです。
以前羽アリが発生し、床上に被害出てきたので、シロアリ駆除の為に調査を依頼されました。
床下に入ってビックリ。全ての床下が写真の様にカビで埋め尽くされています。
よく床下通風が良くない床下で、この様なケースに遭遇します。
高湿度環境に保たれるので、カビが発生しやすく、シロアリも繁殖しやすいです。


日時:2011年2月26日 21:30
続きを読む"床板のカビ 池田市"

枕木のシロアリ被害 西宮市

makuragi1.jpgmakuragi2.jpg


兵庫県西宮市のお宅でのシロアリ被害です。


被害は家ではなく、玄関横の植え込み造作材として使っていた枕木です。
家屋には被害は無く、シロアリ駆除処理でなく予防処理を行いました。


近年ガーデニングがブームで、専門業者も増大し、一般の人でも自分でされる方が増えてきました。
その為ウッドデッキ材料や枕木がホームセンターで多数販売されています。



シロアリの空中蟻道 八尾市

kuucyuu.jpg


大阪府八尾市の住宅で見つけた空中蟻道です。


蟻道とはシロアリが土壌から土台等に移動する時のトンネル道のことです。
シロアリは光や風を嫌い、又温湿度の調整の為、自分の糞で作くります。


通常はコンクリート布基礎や束石などの表面に作ります。
たぶん作り易いからだと思います。


しかし空中蟻道は読んで字の通り、土から空中に向けて上向きに作られます。
ただここもそうですが、ほとんどが木にたどり着かずに未完成です。
 



ホールダウン金物 吹田市

kanamono1.jpgkanamono2.jpg


大阪府吹田市木造三階建のシロアリ調査時の写真ですが、被害は皆無でシロアリ駆除処理は必要ありません。


近年木造三階建てがずいぶん増えてきました。
建築基準法ではホールダウン金物(基礎・土台・柱を緊結するための、ステンレス製の耐震金物)を取り付けることを明記しています。


又二階より三階建ての方が金物数は多く必要です。
この家は金物は多くありましたが、写真のように手で簡単にナットが外れます。



シロアリ駆除と廃材 尼崎市

haizai1.jpghaizai2.jpg


兵庫県尼崎市築後25年住宅の床下調査時に撮影しました。


近年ベタ基礎構造になり、しかも建築会社の意識アップにより、床下で建築時に排出される廃材を見かけることが少なくなりました。


しかし築20年以上経過している家屋の床下には写真のような廃材が散乱しているケースが多く、シロアリ駆除作業前に廃材清掃しなければいけません。



判りにくいシロアリ被害 箕面市

higai6.jpghigai7.jpg


大阪府箕面市の築28年の住宅での被害写真です。


左の写真からはシロアリ被害はないように見えます。
しかし30センチほど離れた場所に蟻道があり、注意深く調査してみると土台と根太受けに大きな被害を確認しました。(右の写真)


土台は芯まで食害されいなくて、大規模補修の必要ありませんが、軽微の補強は必要です。
被害はここだけで、大々的なシロアリ駆除をする必要はありませんでした。



正体はナミダタケ 加古川市

namidadake.jpg

兵庫県加古川市の床下調査です。


基礎外面ある通気口周りに白いカビが発生して、その原因究明の為の床下点検でした。
写真は床下から撮影したものです。白いのは巨大なナミダタケという木材腐朽菌でした。


この菌は木材の主成分であるセルロースを分解し、腐朽した木は褐色になり褐色腐朽菌の一種です。
しかも数ある腐朽菌の中でも最も大きな腐朽力を持ってます。



ファイバースコープによるシロアリ調査 西宮市

faibaascoupu.jpg


阪神間屈指のお屋敷が建ち並ぶ兵庫県西宮市築20年住宅で、ファイバスコープを使用しての床下調査です。


お得意様宅から羽アリが出たということでインテリア設計会社から依頼されました。
お伺いして見ると100坪程の大豪邸ですが、床下に入れる又は見れる点検口等が全くありませんでした。


又、建築図面により床下高さは12cmしかない転ばし根太(土間コンクリートの上に直接根太材木を設ける工法)の為、人が入れないこともわかりました。



これがシロアリの食べ方 三田市

higai2.jpghigai3.jpg


兵庫県三田市築20年家屋のトイレ扉枠のシロアリ被害です。


奥様がトイレ扉枠に小さな穴が開いているのを気づかれ、シロアリ調査を依頼されました。


見ると扉枠材木の表面が波をうっていたり、ニス塗装に透明箇所(左の写真)等があり、多くの食害跡が見受けられました。


指で軽くさわるだけで、パリパリと材木表面がはがれ、空洞箇所が出てきます。(右の写真)



防湿シートで見た目は良いですが 八幡市

bousitusiito.jpg

防湿シートを敷き詰めています。
京都府八幡市の築18年のお宅のシロアリ調査時の写真です。


施主は新築時以来全く床下を見ていなかったので、調査を当社に依頼されました。
まず床下全面にサラサラした砂が拡がっていて、清潔感抜群で湿気も無く、最高の床下環境のように見えます。



シロアリが食べるのは家だけはありません 堺市

furookehigai.jpg

桧風呂桶のシロアリ被害です。


大阪府堺市の築18年のお宅で家全体は大変大きく、一階床面積は45坪もあります。


床下は重厚なコンクリートベタ基礎構造、土台等の材質は総桧材、床下通気も考えて建てられた木造家屋です。
上記の様な構造はシロアリにとっても進入は容易ではありません。


施主が入浴時、桶の角の小さな穴から白ぽっい生物が動いているのを見つけ、ビックリされ当社に調査を依頼されました。



白アリ 白蟻 白あり しろあり等色々な書かれ方をしますが、固有名詞以外シロアリに統一しています。

兵庫県.大阪府.京都府.奈良県のシロアリ駆除・シロアリ予防・害虫駆除対策なら当社へお任せ下さい。

ダイヤル0120-717-648   無料床下調査お申し込み