必要最小限の穿孔でシロアリ駆除 豊中市

163.jpg163a.jpg


昨年羽アリが発生し、一年後にシロアリ駆除処理を行った豊中市の住宅です。
床下には多くのシロアリ蟻道が確認され、広範囲に被害が進行していました。
改造を繰り返しているので、新旧の木材が入り乱れています。
木材内部に多くのシロアリ活動が推測される場所に穿孔後薬剤注入を行いました。



家具裏で見つけたシロアリ被害とその駆除 西宮市

162.jpg162a.jpg


西宮市の築後35年経過した家屋のシロアリ被害と駆除写真です。
買い替える為家具を移動した時、隠れていた柱にシロアリの食害痕が見つかりました。
床下調査により真下の土台にも被害があり、シロアリ駆除を依頼されました。




シロアリ駆除方法(風呂と二階) 神戸市

161a.jpg161.jpg


神戸市東灘区のシロアリ駆除現場で撮影しました。
数年前から風呂場とその階上に羽アリが発生して、昨年調査を行っていました。
1年間未処理でしたが、今年駆除処理を行いました、



太い蟻道とシロアリ駆除処理 神戸市

ヤマトシロアリの太い蟻道穿孔処理後、薬剤注入処理


神戸市の木造住宅で外部壁で見つけたヤマトシロアリの太い蟻道です。
床下にもシロアリ被害、蟻道はありましたが、これほどのものはありませんでした。


この蟻道より階上のベランダまで被害が拡大していました。
被害程度確認の為、壁をめくってシロアリ駆除を行う事も検討しました。
しかし予算の都合上、極小の穴を開け薬剤を注入する工法で駆除しました。



外側からのシロアリ侵入と駆除処理 吹田市

家の外側に作ったシロアリの蟻道土台への薬剤注入処理


大阪府吹田市の木造住宅ですが、家の外側からシロアリが蟻道を作成し侵入していました。


シロアリ調査時、土台に被害を確認しましたが床下側には侵入経路がありません。
建物北西の角で日当たりが悪く、住民でさえ普段行かない外側に原因がありました。


シロアリ駆除時の注入薬剤が、シロアリの食害空間を通じて別の箇所からあふれ出ています。



壁内のシロアリ駆除 豊中市

ヤマトシロアリが作った太い蟻道壁に小さな穴を開け特殊ノズルで薬剤注入処理


大阪府豊中市のシロアリ駆除現場です。
左写真の様に太い蟻道が基礎を伝い土台に到達しています。


この様な状況は日常茶飯事見ていますし、特段驚く現象ではありません。
少し違ったのは、蟻道の大きさの割に土台等床下から見える範囲に被害が少ないことでした。
シロアリ被害は壁内が中心だと推測し、内部調査後外壁からシロアリ駆除処理を行いました。



シロアリ駆除は被害発見が第一 伊丹市

表面からはシロアリ被害は判らない木材内部のシロアリ被害


兵庫県伊丹市のシロアリ駆除現場で撮影しました。
床下調査時致命的ではないものの、多くの場所で被害が確認されていました。
その為、駆除作業は個々の被害を調べながら行うことにしました。


22坪の床下には30個所以上の被害が確認され、長期間のシロアリ生息があったと思われます。



シロアリ被害発見、駆除が難しい断熱材 宝塚市の現場

シロアリに食べられた根太シロアリに食べられた断熱材


兵庫県宝塚市で撮影したシロアリ被害です。
床板の下に取り付けた断熱材と根太材木にシロアリが被害を及ぼしています。
床下から見ても発見しにくいので、シロアリ駆除作業も難しいものになります。
断熱材を外して、初めてシロアリ被害を確認できる事も珍しくありません。



シロアリの典型的な被害

144a.jpg144.jpg


兵庫県宝塚市のシロアリ駆除現場で撮影しました。
床板を支えている根太材が食べられていて、シロアリの典型的な被害です。


建築後35年経過していますが、その間一度も床下調査をしていませんでした。
押入れの掃除時に食べられたダンボールを発見し、当社に床下調査を依頼されました。



型枠材のシロアリ被害 大阪市住吉区

仮枠のシロアリ被害仮枠のシロアリ被害


大阪市住吉区で撮影した型枠材のシロアリ被害です。


土台を支える布基礎ではなく、玄関の上がり框周辺の為の型枠です。
幸い土台等には被害は無く、大規模なシロアリ駆除処理にならずに幸いでした。


家を建てる最初の工程は、コンクリート基礎を作る段階です。
コンクリートを流し込む為に型枠を作ります。



大きな被害のシロアリ駆除 大阪市大正区

トイレ床下のシロアリ被害シロアリ蟻道


大阪市大正区の築30年家屋ですが、写真のような大きなシロアリ被害になっており、補強をしながらの駆除処理でした。


左はトイレ床下の写真ですが、見るも無残な状態で、床組材はその責任を果たしていません。
床上のタイルとちよっとした材木で、何とか床抜けをまぬがれていました。


右写真は台所床下ですが、蟻道が縦横無尽に走り、内部がスカスカ状態でした。



シロアリ被害と駆除処理 尼崎市

被害が無いように見える材木シロアリ食害によって内部に空洞が出来ている。


木材表面上にはシロアリ被害は確認できませんが、ドリルで穴を開けた後に薬剤注入処理をすると別の穴から噴出してきます。
兵庫県尼崎市の築年数60年の家屋でシロアリ駆除時に撮影しました。


一般的にシロアリは材木表面より内部を多く食べます。
その為一般の方が見ただけでは見落とす場合が多く、結果完全な駆除処理が難しいのだと思います。
対して、私たち駆除の専門家はシロアリの生息や被害を発見、予知する能力が高いことです。



基礎補強後に材木放置でシロアリ大量発生 三田市

基礎補強の為、仮枠作成仮枠材に大量のシロアリが発生


兵庫県三田市の基礎補強をした家屋の床下です。


補強後4年目にヤマトシロアリの羽アリが大量発生し、シロアリ駆除を行いました。
写真の様に建物隅にコンパネ材木で枠を作成し、コンクリートで強度を上げています。


問題は枠材を撤去せず放置したことにより、それにシロアリが発生した事でした。



リフォーム時に見つけたシロアリ被害と駆除 神戸市

シロアリ被害が大きく切り取られた柱シロアリ被害のある柱のシロアリ駆除


神戸市北区の木造家屋ですが、風呂のリフォーム中に大きなシロアリ被害が見つかり駆除処理を行いました。


左写真は食害が大きく、木の強度を保てないので切り取った柱の一部です。
新材木で補強しましたが、予防処理をしないと残ったシロアリが勢力が巻き返し、又同じ被害になります。


右写真の場所は腐れと食害がありましたが、木の役目を果たしていたので、駆除処理をしています。



シロアリ駆除を難しくする断熱材 高槻市

断熱材で囲まれた根太隠れた場所にシロアリ被害


大阪府高槻市の木造住宅ですが、根太間に断熱材を隙間無く取り付けています。


材木の多くが隠れているので、被害を探すのが困難になり難しいシロアリ駆除処理になります。


その条件はシロアリに格好な住処を与えているようなものです。



シロアリ被害を自分で発見するチェックポイント 

波打っている木の表面シロアリ被害で内部はスカスカ


奈良県香芝市にお住まいのご主人が見つけられたヤマトシロアリの被害です。
風呂扉枠木の塗装表面が波打っているのに気づかれました。(左写真)
指で軽く押してみると表面が皮一枚残っているだけで、内部はスカスカ状態です。
見える場所でこの状態です。床下調査の必要を感じ当社にシロアリ調査を依頼されました。



羽アリ発生3年後のシロアリ被害 高槻市

122a.jpg122.jpg


大阪府高槻市で撮影したシロアリの被害です。


3年間毎年4月羽アリが発生していましたが、すぐに収まるので住民は余り気に留めなかったようです。


しかし廊下がグラグラしてきたのでシロアリ調査を依頼され、駆除処理に至りました。



空き家のシロアリ駆除 京都府南丹市

115a.jpg115.jpg


京都府南丹市、築30年の空き家で見つかった大きなシロアリ被害です。
4年間人が一切住まず、窓も閉め切りになっていたそうです。
写真のように上がり框はボロボロで、この状態ではシロアリ駆除どころではありません。
床下調査をしたところ、一部ヤマトシロアリの蟻道(右写真)は確認できましたが、大規模修復の必要はありませんでした。



梁のシロアリ駆除 京都市右京区

114.jpg114a.jpg


京都市右京区の梁のシロアリ駆除作業です。


建築後70年以上経過した家屋ですが、10年以上前から羽アリの発生がありました。
発生した場所が、初めは一階だけだったのが、三年前から二階にも出るようになったので、住民の方は心配になり調査を依頼されました。



シロアリ被害と駆除処理 神戸市北区

112a.jpg112.jpg

前回神戸市北区家屋の続きです。
工務店による壁解体が始まりました。
予想通り壁の中はシロアリの被害だらけです。(左写真)
どれだけ被害が大きくとも、シロアリ駆除処理は可能です。
しかしここまでになると建物強度が保てず、チョットした地震でも傾いたり最悪倒壊の可能性もあります。



予想できたシロアリ被害 神戸市北区

111a.jpg111.jpg


兵庫県神戸市北区で撮影したシロアリ被害写真です。
このお宅は毎年5月にリビング窓枠から羽アリが三年続けて発生していました。
住民の方はおかしいとは思っていましたが、二三日で出なくなるので毎年忘れ去られていました。
奥様のご友人の方から紹介されて、シロアリ調査にお伺いしました。
床上調査から始めて、すぐに左写真の様に窓枠が食害されているのが確認できました。



腐れとシロアリ被害 小野市

108a.jpg108.jpg


兵庫県小野市の木造住宅の床下調査で撮影しました。


このお宅は長年の雨漏れによって木材が腐れ、それと並行してシロアリの被害が進行していました。


床板は左写真の様に黒ずみ、壁内の柱もスカスカ状態(右写真)になっています。
対策としてシロアリ駆除と大工仕事が必要になりました。



見落としがちなシロアリ被害 東大阪市

106a.jpg106.jpg


大阪府東大阪市 築25年木造住宅での見落としがちなシロアリ被害写真です。
シロアリ対策を常に行っている人にとっては良く見る光景です。


一辺が4センチの材木の先端に土がついている様に見えます。これは蟻土と呼ばれるもので、これがあると必ず食害痕があります。


手で触ると右写真の様に食べられた材木が紙の様になっています。
幸い被害はここだけで、駆除処理と他の場所は予防処理を行いました。



大きな床上被害とシロアリ駆除 宝塚市

103.jpg103a.jpg


兵庫県宝塚市の床下まで大きな被害になった住宅のシロアリ駆除です。
写真の様に広縁との境の窓台がシロアリの食害によってボロボロになっています。


余り使用していない部屋の隅に位置する場所のため、家の方も全く気づいていませんでした。
ここと離れた場所にある風呂の柱に穴が開いたので、建物全体の調査でこの被害を発見しました。



甚大なシロアリ被害 吹田市

101a.jpg101.jpg


大阪府吹田市で撮影した甚大なシロアリ被害です。
左写真の柱も相当なものですが、右写真のそれはもはや柱の役目を果たしていません。
ここまでになると駆除だけでは収まらず、大規模修復が必要になります。
シロアリ駆除だけであれば10万や20万円までで収まりますが、元に戻す作業は百万単位の作業になります。



ベタ基礎のシロアリ被害 大阪市住吉区

99.jpg99a.jpg


大阪市住吉区築20年木造家屋でシロアリ被害が見つかり駆除を行いました。

写真の様に床下は土むき出しではなくベタ基礎工法です。
コンクリートにヒビが無く強固な場合、凶暴なシロアリであっても床下に侵入することはありません。


しかし年数が経過すると収縮等によってコンクリートに隙間が開く場合があります。



シロアリと断熱材 三木市

98higai.jpg98happou.jpg


兵庫県三木市の築10年木造家屋の断熱材と材木のシロアリ被害です。


近年の家屋は高気密、高断熱仕様になっています。
その為、壁内や床下に大量の断熱材を使用しています。


シロアリが断熱材の中で特に発泡スチロールを好んで食べるのはご存知でしょか。


左写真の床下材木の間に、右写真の発泡スチロールが挟み込まれていました。



玄関扉のシロアリ被害 神戸市兵庫区

97gennkann.jpg97syori.jpg


兵庫県神戸市兵庫区の築20年家屋での玄関ドア被害と駆除処理です。
現在主流のアルミ製ではなく、丁寧に彫り込みを行い、ニス仕上げの重厚な木製の扉です。
ご主人が左写真の様に表面の一部の色が薄くなり、透けているのを昨年気づかれていました。
今年になりその様な箇所が拡がり、観測すると内部で白い生き物が動いているのを見つけ、調査後ヤマトシロアリの被害と確認し、駆除処理となりました。



シロアリ調査で発見した大きな被害 伊丹市

95higai.jpg95boroboro.jpg


兵庫県伊丹市の民家でシロアリ調査時に発見した大きな被害です。
築40年を越していますが、ここ以外にはシロアリ被害は全くありませんでした。


この場所は建物の中心部で押入の床下になります。
外部に面した部屋と違い、風通しが悪く湿気がこもり易い環境でした。



大改造で見つかったシロアリ被害 大山崎町

92mae.jpg91ato.jpg


京都府乙訓郡大山崎町で大改造時に見つかったシロアリ被害です。


シロアリは床下や壁の中の様に暗く、湿気が多い場所に通常生息します。
その為一般の方にとって上記の場所は普段見る機会が無く、被害を見つけることは出来ません。


住宅の改造時、床をめくった時よく被害が見つかります。




シロアリ調査で発見した水漏れ 尼崎市

89more.jpg89morea.jpg


兵庫県尼崎市の木造住宅で発見した水漏れです。
建築後18年経過していますが、外観はもっと築浅に見えました。


最近床下を見ていなかったので調査を依頼されました。
幸い被害は無く、シロアリ駆除処理も必要ありませんでした。



古民家のシロアリ駆除 篠山市

82tyuunyuu.jpg82kujyo.jpg

兵庫県篠山市での古民家のシロアリ駆除処理です。
はっきりした築年数は判らないらしいですが、100年は経過しているようです。
その間に補強、増築を何回も行っていて、初期の材木は柱等主要の部材だけでした。
左写真にはボロボロになった材木と補強した部分が混在しています。
ただ補強した部材の内部にも食害があり、注入した薬剤が他の場所から噴出しています。



大きな被害とシロアリ駆除 川西市

80higai.jpg80taisaku.jpg


兵庫県川西市のリフォーム時に行ったシロアリ駆除です。
風呂、洗面所の改装時、壁、床をめくって大きな被害が見つかりました。
かなり以前からの被害で、柱が約50cmほどスカスカの状態でした。
活発に活動中でしたので駆除処理を行いました。



シロアリ調査と被害 宝塚市

79mae.jpg79ato.jpg


兵庫県宝塚市の木造家屋で調査時に撮影しました。
見た目はしっかりした床下材木ですが、注意深く調査をしていて発見したシロアリ被害です。


内部は右写真状態になっており、駆除処理とともに補強が必要です。
この様な現場は、床下を主の作業場にしている当社にとっては珍しくありません。



シロアリ駆除後の床下補強 堺市堺区

77nedahigai.jpg77nedahokyou.jpg


大阪府堺市堺区の住宅でシロアリ駆除後床下補強をしました。


風呂横の押入れ床下材木が、左写真の様に食べられています。
普段使わない物を置いていたので、住民は気づかなかったのですが、今にも床板が抜けそうな状態でした。


駆除処理後、補強材を入れ頑丈になりになりました。



三階の被害とシロアリ駆除 大阪市淀川区

76sannkai.jpg76sannkaihari.jpg


大阪市淀川区の住宅で三階に被害が確認されシロアリ駆除を行いました。


二階までの食害は良くありますが、三階までは当社でも久しぶりでした。
復旧工程に合わせてのシロアリ駆除作業でした。


これほどの被害になった理由はいくつかあります。


第一に窓枠と外壁の境にヒビ割れがあり、そこから長年にわたり雨水が壁内に染み込んでいた事でした。



新建材のシロアリ被害と駆除 茨木市

75higai1.jpg75higai2.jpg


大阪府茨木市の築8年の住宅での被害写真です。
新建材で作られた玄関扉枠がシロアリによって内部がボロボロになっています。


シロアリ駆除処理を行いましたが、これほどまで食べられると枠の役目を果たすことはできず、工務店に取れ替えを依頼しました。


近年こちらのような新建材の被害が増えています。



二階までのシロアリ被害 箕面市

74kabenaihigai2.jpg74kiso.jpg


大阪府箕面市で撮影した二階壁のシロアリ被害と基礎のひび割れに出来たシロアリ蟻道です。


建築会社から依頼でシロアリ調査を行いました。
大規模改修の為内壁を外してみると、西側の壁全てに二階までのシロアリ被害が見つかり、大工さんが床下に入って点検しましたが侵入経路がわかりませんでした。



大引け被害とシロアリ駆除 豊中市

70oobike.jpg70kujo.jpg


大阪府豊中市のシロアリ被害と駆除処理です。
写真の様に太い蟻道が基礎を伝い大引けまで続いています。
2年続けて羽アリが発生し、シロアリ駆除を行いました。



シロアリ被害と羽アリ 尼崎市

69higai.jpg69syori.jpg


兵庫県尼崎市で撮影したシロアリ被害と駆除作業です。
3年前に羽アリが大量に発生し、その後出なかった築27年の木造家屋です。


写真のように局部的ですが食害され、ドライバーがなんなく突き刺すことができます。
放置しておくと、この状態が床下全体に拡がりますので駆除処理を行いました。



腐れとシロアリ被害 向日市

66higai1.jpg66higai2.jpg


京都府向日市のお宅での調査ですが、左写真の様に土台が黒ずんでいます。


調べてみると右写真の様に、腐れとシロアリによってポッカリ穴が開いています。
向こう側は風呂場で、長年の湿気によってこの被害を誘発しました。


この箇所は補強と防腐、駆除処理を行いました。



このシロアリ被害は人災です 守口市

60higai.jpg60tuka.jpg


大阪府守口市で撮影したシロアリ被害です。


左写真のように壁中に食害と蟻道が確認され、駆除処理を行いました。
その場所の床下が右写真ですが、一見欠陥は無いように見えます。


しかし・・・



断熱材とシロアリ 京都市中京区

57dannnetsu.jpg57higai.jpg


京都市中京区の家屋で撮影したシロアリ被害です。


左写真のように断熱材としてグラスウールが使われていて、外すと右写真のように床板を支えている根太が食害されています。


この様な箇所が多数見つかり、駆除処理を行いました。



中古住宅売買時の床下調査 高槻市

56dodai.jpg56dodai2.jpg


大阪府高槻市の築35年住宅で撮影しました。


大手不動産会社から中古住宅売買時の床下調査を依頼されました。
結果写真のように被害が確認され、シロアリ駆除の必要性があります。



シロアリ被害と床下補強 長岡京

51higai.jpg51hokyou.jpg


京都府長岡京市のシロアリ被害と床下補強写真です。

長期間駆除処理をしなかったので、左写真の様に太い材木(大引け)がその上の床板を支えることができないほど劣化していました。

その為、床下補強とシロアリ駆除処理を行いました。



雨漏りとシロアリ 三田市

48amamore.jpg


兵庫県三田市の雨漏りが原因のヤマトシロアリ被害です。


窓枠と壁の境にヒビ割れがあり、長年雨水の浸透があったようです。
その結果、壁内に湿気がたまりシロアリが侵入していました。


リフォームの為、内壁を解体した時この被害を発見し、シロアリ駆除処理となりました。
その下の土台は新築時に予防処理をしていたので、ほとんど被害はありませんでした。



発見が難しいシロアリ被害 芦屋市

47higaia.jpg47higaib.jpg


兵庫県芦屋市築後32年経過した家屋の被害です。


シロアリは木材表面を残し、内部を食害する傾向があります。
その為、一般の人では被害発見が難しいです。


左写真の様に一部黒ずみ、腐れの兆候はありますが食害は無い様に見えます。


しかし右写真の様に、手で簡単に表面がはがせるくらいに内部は食べられています。



壊滅的なシロアリ被害 高槻市

40higaia.jpg40higaib.jpg


大阪府高槻市で撮影した木造家屋のシロアリ被害です。左右同じ場所の写真です。


左でもかなりの被害ですが、詳しく調査すると右の写真のように内部まで食べつくされ、壊滅的な被害でした。


ここまでになるとシロアリ駆除処理だけでなく、補強が必要になります。



枕木のシロアリ被害 西宮市

makuragi1.jpgmakuragi2.jpg


兵庫県西宮市のお宅でのシロアリ被害です。


被害は家ではなく、玄関横の植え込み造作材として使っていた枕木です。
家屋には被害は無く、シロアリ駆除処理でなく予防処理を行いました。


近年ガーデニングがブームで、専門業者も増大し、一般の人でも自分でされる方が増えてきました。
その為ウッドデッキ材料や枕木がホームセンターで多数販売されています。



シロアリ被害と火打金物補強 宝塚市

hiuchi1.jpghiuchi2.jpg


兵庫県宝塚市の現場のシロアリ被害と火打金物補強写真です。
火打土台(ひうちどだい地震等で建物が変形するのを防ぐ木材)のシロアリ被害です。
内部まで食害されているので、火打金物に取り替えました。
他の場所にも被害があり、シロアリ生息場所を探しながらのシロアリ駆除作業でした。



梁のシロアリ被害 箕面市

harihigai.jpg


先日の大阪府箕面市のシロアリ駆除現場の続きです。
はじめに何故シロアリ駆除をするのでしょうか。
発生しているシロアリを撲滅し、これ以上被害が進行しない為だと思います。


しかし被害が進行し、既に材木としての役目をなしていなかった場合、シロアリ駆除作業だけではだめです。
人の体を蝕む癌は、初期段階であれば手術で対応できますが、末期になると手術もできず進行を遅らす以外手はありません。



年輪とシロアリ被害 枚方市

nennrinn.jpg


大阪府枚方市の住宅で風呂リフォーム時に見つかりました。
写真はタイル壁を解体して現れた下地木材のシロアリ被害です。
シロアリは一般的に木の年輪に沿って食べます。
年輪は春から夏にかけて成長する早材と、夏から秋にかけて色の濃い部分を晩材からなります。
シロアリは成長が早くやわらかく早材を好んで食害し、硬い晩材を食べ残す傾向があります。



判りにくいシロアリ被害 箕面市

higai6.jpghigai7.jpg


大阪府箕面市の築28年の住宅での被害写真です。


左の写真からはシロアリ被害はないように見えます。
しかし30センチほど離れた場所に蟻道があり、注意深く調査してみると土台と根太受けに大きな被害を確認しました。(右の写真)


土台は芯まで食害されいなくて、大規模補修の必要ありませんが、軽微の補強は必要です。
被害はここだけで、大々的なシロアリ駆除をする必要はありませんでした。



シロアリの家は何処 堺市美原区

higai4.jpghigai5.jpg


先日の大阪府堺市美原区のシロアリ駆除現場の続きです。


床下に水道、下水パイプを支える為、土中に材木を埋め込んでいる箇所が多数ありました。
当然すべての材木に蟻道と、被害が確認されました。(写真左)


その上繋がっている根太(床板を支える木)までスカスカの状態でした。(写真右)


ヤマトシロアリの家(普段の住処)はどこだと思われますか。木の中でしょうか。



これがシロアリの食べ方 三田市

higai2.jpghigai3.jpg


兵庫県三田市築20年家屋のトイレ扉枠のシロアリ被害です。


奥様がトイレ扉枠に小さな穴が開いているのを気づかれ、シロアリ調査を依頼されました。


見ると扉枠材木の表面が波をうっていたり、ニス塗装に透明箇所(左の写真)等があり、多くの食害跡が見受けられました。


指で軽くさわるだけで、パリパリと材木表面がはがれ、空洞箇所が出てきます。(右の写真)



シロアリが食べるのは家だけはありません 堺市

furookehigai.jpg

桧風呂桶のシロアリ被害です。


大阪府堺市の築18年のお宅で家全体は大変大きく、一階床面積は45坪もあります。


床下は重厚なコンクリートベタ基礎構造、土台等の材質は総桧材、床下通気も考えて建てられた木造家屋です。
上記の様な構造はシロアリにとっても進入は容易ではありません。


施主が入浴時、桶の角の小さな穴から白ぽっい生物が動いているのを見つけ、ビックリされ当社に調査を依頼されました。



床が落ちなくて不幸中の幸い 川西市

higai1.jpg


なにの写真かわかるでしょうか。
兵庫県川西市の築30年のお宅のトイレのシロアリ被害です。


工務店が改装中、トイレの床がグラグラするので床板をめくってビックリ。
床板を支えている材木(大引け、根太)のほとんどがスッカラカン。


シロアリが普段はあまり食べない材木の芯まで食べつくされ、トイレの便器の補強材や少しだけ残った根太で何とか床を支えていました。



だろう ではなく かもしれない 宝塚市

oobikeyakuzai.jpg


材木の側面から薬剤を注入したら、底面から薬剤がザザ漏れ状態でした。
兵庫県宝塚市の築28年のお宅のシロアリ駆除作業中の写真です。


二年前より羽アリが出ているのは住民の方からお聞きし、
床下調査時に建物北面に多くのヤマトシロアリ被害を確認していましたので、
注意深く被害を確認しながらの駆除処理でした。



白アリ 白蟻 白あり しろあり等色々な書かれ方をしますが、固有名詞以外シロアリに統一しています。

兵庫県.大阪府.京都府.奈良県のシロアリ駆除・シロアリ予防・害虫駆除対策なら当社へお任せ下さい。

ダイヤル0120-717-648   無料床下調査お申し込み